お知らせ詳細
記事No. 1317
受動喫煙防止対策に係る助成金等支援制度について
 平成27年6月1日、改正労働安全衛生法で受動喫煙防止措置が施行され、室内又はこれに準ずる環境下で労働者の受動喫煙を防止するため、事業者及び事業場の実績に応じ適切な措置(局内全面禁煙、喫煙室の設置による空間分煙、たばこ煙を十分低減できる換気装置の設置など)を講じることが努力義務となりました。
 事業者の皆様は、まず、事業場の現状を把握・分析し、実行可能な対策のうち、最も効果的なものを実施するよう努めてください。

※厚生労働省のホームページ
■職場における受動喫煙防止対策について
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/kitsuen/index.html

■受動喫煙防止対策助成金(申請書のダウンロードや、Q&A、書類作成要領など)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html

※お問い合わせ先
宮城労働局労働基準部健康安全課
担当:武田、菅原
TEL:022-299−8839
FAX:022-295−3668