お知らせ詳細
記事No. 1374
「11月は労働保険適用促進強化期間」です(宮城労働局)
 労働保険制度は、それ自体が労働者のセーフティーネットであるとともに、各種対策を推進するための財債基盤となるものであって、労働者を1人でも雇用している事業主は、労働保険に加入する義務があります。
 しかしながら、依然として、小規模零細事業を中心に、なおっ相当数の未手続事業が残されており、労働保険制度の健全な運営、費用の晃平負担及び労働者の福祉の向上等の観点から、これら未手続事業の解消が極めて重要となっております。
 このため、宮城労働局では従来から積極的に「未手続事業一掃対策」に取り組んでいるところであり、その一環として、毎年11月を「労働保険適用促進強化期間」と定めています。

http://miyagi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/miyagi-roudoukyoku/pdf/28roudouhokentekiyousokushin.pdf