第一章 総 則

 (名 称)
  第一条 この会は、宮城県中小企業団体事務局長懇話会と称する。
 (事務局)
  第二条 本会は、事務所を宮城県中小企業団体中央会の中に置く。
 (目 的)
  第三条 本会は、宮城県内における中小企業団体の事務局代表者が相互に緊密な連絡をとり事務局を強化し、組合(団体)運営に寄与することを目的とする。
 (事 業)
  第四条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
   (1) 組合(団体)運営のための研究会、座談会、講習会の開催
   (2) 会員相互の連絡並びに情報の提供
   (3) 福利厚生に関する事業
   (4) その他本会の目的を達成するために必要な事業
   

  第二章 会 員

 (会員の資格)
  第五条 本会の会員は、次の定めるところによる。
   (1) 宮城県中小企業団体中央会(以下「中央会」と称する。)及び中央会会員組合の専従役員、事務局長並びに事務局長並びに事務局を代表する者とする。
   (2) 本会の目的に賛同し、会長の承認を得た者とする。
 (加 入)
  第六条 本会の会員になろうとする者は、入会申込書を会長に提出し、会長の承認を得なければならない。
 (退 会)
  第七条 会員は、その旨を会長に届出て退会する。
  2 会員は、死亡又は資格を失ったときは、退会したものとみなす。
 (除 名)
  第八条 会員が次の各号の一に該当したときは、理事会の議決により除名することができる。
   (1) 本会の規約に違反したとき。
   (2) 本会の名誉をき損し、又は信用を失うような行為があったとき。
   (3) 不正な行為があったとき。
   (4) 会費を一年以上納入しないとき。
 (権利の喪失)
  第九条 会員は、その資格を失ったときは、この会に対する全ての権利を失うものとする。
 (会 費)
  第十条  会員は、総会において定める会費を納入しなければならない。
   
  第三章 役 員

 (役員の定数)
  第十一条 本会に次の役員を置く。
    (1) 理事二十人以上二十五人以内
    (2) 監事二人又は三人
  2 理事のうちから会長一人、副会長五人以内とし理事会において選任する。
 (役員の任期)
  第十二条 役員の任期は二年とする。ただし、再選を妨げない。
  2  役員は、任期満了の場合においても後任者が就任するまではその職務を行う。
  3 補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。
 (役員の選任)
  第十三条 理事及び監事は、総会において選任する。
 (役員の権限)
  第十四条 会長は、本会を代表し業務を総理する。
  2 副会長は、会長を補佐して職務を代行し、会長に事故あるときは、あらかじめ定めた順位にしたがい、その職務を代理する。
  3 監事は、民法第五十九条の職務を行う。
 (顧問及び相談役)
  第十五条 本会に顧問及び相談役を置くことができる。
  2 顧問及び相談役は、理事会の議決を経て会長がこれを委嘱する。