こけしの伝統

こけしの誕生
こけしがいつ誕生したかについては定かではありませんが、ほぼ19世紀の初め(江戸時代、文化文政の頃)と考えられています。こけしを作っていた工人は、その昔、木地師とか轆轤師(ろくろし)といわれていた人々で、本来、椀や盆、柄杓などの日用雑器を作っていました。
 当時の農村には、冬の間を利用して、一年の労働の疲れをいやすために近くの温泉地へ湯治に行くという習慣がありました。そうした湯治場の近くに住む木地師たちは、豊かな木材を利用して、こけしや独楽などの木地玩具を作っては、湯治客相手のみやげ物として売るようになりました。こけしの起源については、いろいろな説がありますが、このように子供向けのおもちゃとして作られたという考えが有力です。明治の中頃には、湯治場も盛んになり、こけしの需要も増え始めます。それとともに木地や描彩も精巧になり、こけしは子供の玩具から、大人の趣味や鑑賞にもたえうる工芸品へと発展していきました。宮城伝統こけしはその優れた技と美が認められ、昭和56年(1981年)には、国の伝統的工芸品として指定を受けています。

農村
吹上温泉
 
 
吹上温泉
 
 
こけし
 

こけしの呼び名
「こけし」という呼び名が統一されたのは、昭和15年頃のこと。それまでは、東北各地でさまざまな方言で呼ばれていました。その多彩な呼び名の名付け親は、こけしをかけがえのない遊び相手として慈しんだ子供たちではなかったかと考えられています。

 
青森県 ながおぼこ、いんっこおぼこ
岩手県 きっからぼっこ、こげし、きくら、きなきなぼう、くなくなこげす、きなきなずんぞこ、こけすっこ
秋田県 こげし、かっくらぼう、かっくらぼぼっこ、ぼっこ、こげすっこ、こげほこ、きぼこ、こけしぼんぼ
山形県 こけす、ひょうたん、でぐのぼう、でく、にんぎょう、んぼっこ、ぼんぼ、きにんぎょ、かまさきにんぎょ
宮城県 こげす、こけし、大坊主、小坊主、きんぼこ、こげすんぼこ、おぼこ、きぼこ
福島県 きでこ、おでこ様、おっとこ

INDEXへ戻る