工人名簿[遠刈田] 1/3


佐藤哲郎・せい子
遠刈田伝統こけし吉郎平系七代目に生れる。昭和7年1月25日生れ。父吉弥の指導を受ける。(作品は輪入りで)輪の作る部分が特にむずかしいのでめずらしい作品です。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0912 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町23
TEL 0224-34-2934  
佐藤哲郎・せい子
 

大宮正男
佐藤好秋氏の指導を受ける。作品は佐藤好秋型のものである。

●お申し込み・お問い合わせ
住所  989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山2-2
TEL 0224-34-2409  
大宮正男
 

佐藤守正


●お申し込み・お問い合わせ
住所  989-0916  宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36-144
TEL 0224-34-1115  
佐藤守正
 

佐藤富雄
こけしを作り続けて40余年これからも伝統を守り多くの人に愛され可愛がられる自分のこけしをつくり続けたい。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字東裏9
TEL 0224-34-2718  
佐藤富雄
 

高橋廣平・広則
師匠・高橋林平、佐藤廣喜。昭和九年師事。昭和十八年旧制中学柴田農林卒業後こけし製作に入る。現在に至る。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0915 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉寿町38
TEL 0224-34-2639  
高橋廣平・広則
 

佐藤好一・一成
佐藤好一家の伝統こけしは江戸時代末期より作り始め代々伝統継承を致しまして日本最古のこけしと云われております。形態眉目胴部の模様をそのままに現在作ってますから素朴なこけしです。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地
TEL 0224-34-2710  
佐藤好一・一成
 

佐藤忠
昭和21年から父菊治の指導で木地技術を習得し30年から伝統こけしの描彩も始めました。菊治型を継承しています。それから菊治の兄弟子で鈴木孝之助氏のこけしも製作しております。新しい伝統こけしを研究し作り始めました。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉8-14
TEL 0224-87-2613  
佐藤忠
 

緑川正人
生年月日 大正15年3月4日。師匠 佐藤哲郎。昭和27年に大宮正男に木地を修業。昭和40年より佐藤哲郎の指導で描彩を行う。

●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0915 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉寿町23
TEL 0224-34-3571  
緑川正人
 

佐藤治郎



●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地27
TEL 0224-34-3477  
佐藤治郎
 

佐藤英裕・君子



●お申し込み・お問い合わせ
住所 989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地43
TEL 0224-34-2947  
佐藤英裕・君子
 

こけしのふるさと遠刈田 こけしのふるさと遠刈田
遠刈田こけしの特徴 遠刈田こけしの特徴
Next 次へ